転入・編入志願者が多い京都の通信制高校

京都で通信制高校の教師をしています

通信制高校 京都通信制高校ナビ

私は京都通信制高校の教師をしています。
明日は転編生(転入生・編入生)の入試、その翌日は一般生の入試があるという時でした。
ここ数年200人近く転入・編入の希望者があり私が勤務している学校では、合格者を決めるために何かやらざるを得ないので作文と面接を行う学校です。
いつでも・どこでも・誰でもをモットーとする通信制高校で不合格なんてとんでもない、特に転入生や編入生に関しては受け入れてくれないと困ると全日制から苦情を言われていました。
ですがこのような苦情を言われても、通信にも4年生まで400名近くの在校生がいて県下の学校から1名ずつ転編の希望があったとしても、合わせると200名になってしまいます。
全員受け入れることは施設・人員いろいろな点で不可能でした。
明日はいよいよ転編生の入試があるという日、入試会場の準備をしなければなりません。
試験会場は全日制の教室です。
準備をしなければなりませんが全日制の学校は、今日は授業を行っているのです。
ですから本当は今日のところで準備をしたいのですが準備は入試当日の朝早くから行うことになります。
準備はいつも本番ぎりぎりになるということが毎年の行事になっていました。

京都で通信制高校の教師をしています通信制の入学は易しいが卒業は難しい卒業にはかなり強い意志と根気が必要